背景画像

ホームページ制作のHTMLコーディング

ウェブ標準に準拠した規則正しいコーディング

ホームページを制作する際に行うコーディング方法について
W3C(World Wide Web Consortium)によって仕様が定義されています。
その文書として定義されているのが、HTMLやXHTMLであり
Strict、Transitional、Framesetという文法があります。
まず、strctはもっとも仕様が厳密で
非推奨の要素や属性が使用できないなど
制約があるものの、もっとも望ましい文書です。
またTransitionalは非推奨の要素や属性が付け加えられて
扱いやすい文書の為、従来のバージョンとの互換性を
考えて作られた仕様になっており、使いやすい点もありますが
使用する際には注意が必要です。
さらにFramesetについてはTransitionalに
フレームが使える様になった文書ですが
フレーム自体に現在推奨されている文書ではありません。
またXHTMLについてもHTMLと同様に上記3つの文書が存在しますが
HTMLよりさらに厳密な仕様になっている為
XMLのルールに基づいて、厳密な文書を作成します。

規則正しいコーディングの重要性

規則正しい文法でコーディングを行う事は
検索結果にも良い影響を与えます。
要所で適切なタグ付けを行い
文法的にも正しい文書で公開する事により
どのようなサイトであるかを検索エンジンに
いち早く理解して貰う事ができ、その結果
検索結果にも良い影響を与え、上位に表示される事が可能です。
また規則正しいコーディングは後から行う編集作業の
効率アップにも繋がりとても重要です。

Copyright (C) Infinite creative All Right Reserved.